たれ目形成・垂れ目・目尻切開・目尻形成・下眼瞼開大・アーモンドアイ・目尻開大などモニター症例画像

垂れ目形成の症例6|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>垂れ目形成の症例6

イメージ

たれ目(垂れ目タレ目)形成・アーモンドアイ症例6

目の下のくま治療と並んで、当院で人気の治療がたれ目形成術(アーモンドアイ形成術)です。

つり目を下げやすくするため、目尻を切れ長に見せるために目尻切開術を併用することもあります。

今回は、たれ目形成術の症例№6、たれ目形成術(アーモンドアイ形成術)+目尻切開術のモニター画像を供覧します。

手術前。
つり目の改善と目を大きくする目的で手術を行いました。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-01

手術直後の状態です。
たれ目形成術は、下まぶたの裏側と表側の両方を切開して、目尻側を中心に下まぶたを引き下げて、目を大きくアーモンド形に形成します。このため、まつ毛のはえ際に沿って縫合糸が並んでいます。
一方の目尻切開の縫合は眼球に近い位置で切開縫合するので、縫合糸の断端が眼球に刺激にならないように目尻側にテープでとめてあります。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-02

手術1週間後、抜糸直後です。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-03

手術2週間後の状態です。腫れも引き、傷も目立ちません。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-04

手術1ヶ月後の状態です。傷跡はほとんど分からなくなりました。ほぼ完成形と考えていいでしょう。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-05

手術2ヶ月後です。1ヶ月後とほぼ同じ状態。完成形です。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-06

手術前と比較すると、治療の効果がよく分かりますね。
たれ目(垂れ目タレ目)形成の症例06-01

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る