二重まぶた・埋没法二重まぶた・切開法二重まぶた・上瞼脱脂・眼瞼下垂・目頭切開・まぶたの窪み・アイリフト

瞼のたるみ・眉毛下アイリフトの症例|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>瞼のたるみ・眉毛下アイリフトの症例

イメージ

瞼のたるみ・眉毛下アイリフトの症例

モニター画像 眉毛下アイリフト

今日は眉毛下アイリフトのモニター症例です。
この患者様は一重まぶたで、皮膚がかぶさって重たい、目が小さい、というのが悩みで、目元をすっきりはさせたいというご要望でした。
軽度の眼瞼下垂もありましたが、ぱっちり目を大きくしたいわけではなく、また二重まぶたにはしたくない、皮膚のかぶさりによる重たさを改善したい、というご要望でした。
お年寄りのように眉毛自体が垂れ下がっている状態ではなかったので、眉毛の下の皮膚を切除して、まぶたの皮膚を引き上げる(リフトする)手術を選択しました。これなら二重まぶたにもならずに、かぶさった皮膚を自然に減らすことができます。
切開手術ですが、眉毛下の縫合部分は比較的早期に傷もめだたなく治りますので、普段メイクをしない男性患者様であっても抵抗が少ないと思います。また、同じ切開でも、まぶた自体を切開する手術と比べると、まぶた自体にほとんど腫れが出ませんので、ダウンタイムも長くはありません。

それでは写真を供覧します。

手術前です。

手術前です。

手術に先立ち、指で押さえながら眉毛下でリフトした場合のシミュレーションをして、これを患者様に鏡で確認していただき、リフトの程度や位置を決めていきます。こちらの写真は目頭側~中央部分をメインにリフトした場合のシミュレーションです。

こちらは目尻側をメインにリフトした場合のシミュレーションです。

患者様は、目頭~目尻にかけて全体的なリフトを希望されましたので、ご希望にあわせて皮膚切除のデザインをしました。

こちらは手術の最中です。苦手な人はごめんなさい。両側の皮膚を切除して、右目だけリフトした状態です。写真ではわかりにくいですが、眉毛の毛根を痛めないように、メスを入れる角度も考慮して皮膚切開をしています。こうすると、縫合した部分にも眉毛が生えてきて、傷の目隠しに役立ちます。

切除した皮膚です。こちらも苦手な人にはごめんなさい。

こちらは皮膚の縫合が終わった手術直後です。さほど腫れていないことがお分かりいただけると思います。手術終了直後は、若干目が見開いたような仕上がりになります。

手術の1週間後で、抜糸が終わった直後です。少し赤みはありますが、近くで見ても、それほど目立たない程度です。

手術の1ヵ月後です。わずかに傷の赤みがありますが、ほとんど分からない程度です。男性ですから、もちろんメイクなどしていません。

手術の4ヵ月後です。傷の赤みもすっかり消えて、傷自体もほとんど認識できない程度に治っています。

手術4ヵ月後の傷跡のクローズアップです。右目です。

手術4ヵ月後の傷跡のクローズアップです。左目です。

最後に手術の前後比較です。上は手術前、下は手術4ヵ月後です。自然な仕上がりで、患者様にもご満足いただけました。


ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る