二重まぶた・埋没法二重まぶた・切開法二重まぶた・上瞼脱脂・眼瞼下垂・目頭切開・まぶたの窪み・アイリフト

上瞼たるみと眼瞼下垂修正・目頭切開の症例|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>上瞼たるみと眼瞼下垂修正・目頭切開の症例

イメージ

上瞼たるみと眼瞼下垂修正・目頭切開の症例

上まぶたのたるみと眼瞼下垂の修正・目頭切開 全経過

以前に供覧したモニター患者様の経過画像が揃ったので、前経過をまとめて供覧します。

眼瞼下垂とまぶたのたるみが認められる患者様で、平行型の二重まぶたをご希望されましたので、上まぶたを全切開してたるみや脂肪を切除し、挙筋腱膜前転術を行い、目頭切開を行いました。

手術によって、楽に目が大きく見開くようになりました。上まぶたのたるみや眼瞼下垂は、眼精疲労、頭痛、肩こりなどの原因にもなると言われていますから、手術によって目が開きやすくなることにより、こういった症状の改善も期待できます。

切開手術ですので、手術して間もない頃は腫れや内出血が目立つことも珍しくありませんが、縫合糸の抜糸(手術1週間後)の翌日からはお化粧などでカモフラージュして時間稼ぎをしていただきます。
1か月ほどすると患部もだいぶ落ち着き、2、3ヶ月ほどでナチュラルな感じになってきます。
半年ほどすると、さらに二重の質感が自然になり、傷跡も分かりにくく変化します。

◆正面視(まっすぐ前を見る)の手術前後の比較です。

手術前

手術3ヶ月後

◆上方視(上を見上げる)の手術前後の比較です。

手術前

手術3ヶ月後

◆閉眼(目を閉じる)の手術前後の比較です。

手術前

手術3ヶ月後

こちらは切開手術のデザインです。
たるみを切除した後の縫合部分が二重のラインになるようにデザインします。目頭切開はW形成法(内田法)です。
切開によって余分な皮膚や眼輪筋、脂肪などを適量除去し、まぶたを開ける筋肉(挙筋腱膜)の位置をずらしてまぶたを開けやすく修正し、縫合線に沿って二重の癒着を形成します。


次に経過を追って供覧します。

◆正面視(まっすぐ前を見る)の経過です。

手術前

切開デザイン

手術直後

手術1週間後

手術1ヶ月後

手術2ヶ月後

手術3ヶ月後

◆閉眼(目を閉じる)の手術前後の比較です。

手術前

切開デザイン

手術直後

手術1週間後

手術1ヶ月後

手術2ヶ月後

手術3ヶ月後

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る