二重まぶた・埋没法二重まぶた・切開法二重まぶた・上瞼脱脂・眼瞼下垂・目頭切開・まぶたの窪み・アイリフト

眼瞼下垂修正術の症例2|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>眼瞼下垂修正術の症例2

イメージ

眼瞼下垂修正術の症例2

埋没タッキング法で目ヂカラアップ

モニター画像がだいぶ貯まってしまったので、ブログで少しづつ公開していきます。
本日は目ヂカラアップに効果的な、埋没タッキング法です。
切らずに二重まぶたにする埋没法の応用手術で、二重にするだけではなく、上瞼の開きを大きくして黒目の大きな印象的な目に形成する方法です。皮膚を切開せずに、まぶたの裏側から手術を行うので、傷跡の心配がなく、腫れも少ないのが特徴です。

まずは手術前後の比較写真から。

症例1

ともと二重瞼でしたが、より黒目が丸く大きく見えるように、上瞼の開きを大きくし、同時に二重まぶたの幅も広げました。上瞼の目頭側の開きがやや狭かったので、目頭側を重点的に開きを大きくするように修正して、きれいな曲線を描くように配慮しました。ヒアルロン酸注入による涙袋形成術も同時に行っています。

手術前

手術後(1ヶ月後)

症例2

このモニター患者様の場合、一重瞼であるだけではなく、軽度の眼瞼下垂(がんけんかすい)症状もあるために、手術前は目の開きが十分ではなく、いかにも眠たそうな印象です。
これを単純に二重まぶたにしてしまうと、二重には違いないのですが、相変わらず眠たそうで、印象がぼやけてしまいます。そこで目ヂカラアップです。
上瞼の開きを十分に良くして、パッチリと黒目が大きく見える二重まぶたに変身させます。目を大きくし、印象的な目元にするためには、二重まぶたの幅の広さよりも、黒目の露出の度合いが重要です。
平行型の二重瞼にするために、目頭切開術も同時に行っています。手術2ヶ月後ですので、まだ少しだけ目頭の傷跡の赤みが残っています。今後色が消えると目頭の傷跡も分からなくなってきます。
なお、お鼻の手術も行っているので、手術後は鼻筋が高くなっています。

手術前

手術2ヶ月後

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る