二重まぶた・埋没法二重まぶた・切開法二重まぶた・上瞼脱脂・眼瞼下垂・目頭切開・まぶたの窪み・アイリフト

二重まぶた部分切開法|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>二重まぶた部分切開法

イメージ

二重まぶた部分切開法

モニター症例写真 二重まぶた部分切開法

今回は二重まぶた部分切開法のモニター症例写真です。
まだ術後の経過が短いですが、術後の腫れや内出血が心配な方が多いと思いますので、実際の経過の一例を参考に、術後の計画をご検討いただければ幸いです。

さて、当院の部分切開法は、主にまぶたの中央部分を1cm程度皮膚切開して手術を行います。埋没法とは違い、術後の緩み(二重まぶたのクセが消えること)が起こらないように、まぶたの内部の処置を行います。基本的には全切開法と同じ処置を行いますが、切開範囲が狭いので、処置できる範囲が狭くなるのが部分切開法です。切開が小さいので治りが早いですが、反面全切開法のようにタルミを取り除いたり、広範に脂肪除去をすることは出来ません。埋没法でも問題なく二重に出来そうな瞼だが、術後に緩みが起こらないように確実な手術を施しておきたい、という場合に適した方法です。
小さいとは言え皮膚切開しますので、切開部分を縫合します。埋没法の場合、術後2,3日目からアイメイクが出来るのに対して、縫合糸が付いている期間中はアイメイクが出来ません。縫合糸は5~7日目に抜糸します。抜糸したら、翌日からアイメイクで内出血や腫れのカモフラージュができます。
腫れの程度は個人差がありますが、私の経験では埋没法と大差ありません。ただ、切開する分だけ内出血する頻度は若干多いような気がします。

費用は両目で総額18万円です。

症例写真です。

術前です。
以前に埋没法で二重まぶたにした経験がある方ですが、特に左側のクセが緩んできたために、この度は緩まないように部分切開法で行うことになりました。

手術直後です。
それなりに腫れていますが、驚くほどの腫れではないことがお分かりいただけると思います。

術後5日目です。
抜糸した直後の写真です。内出血のために、まつ毛付近が赤くなっています。赤いアイシャドウのような感じです。

術後8日目です。
抜糸後はアイメイクできるために、多少の腫れはカモフラージュできます。外見上もかなり自然な印象になりました。

今度は目を閉じた写真です。術前です。

術直後です。
内出血と縫合糸がちょっと痛々しいです。

術後5日目です。
抜糸した直後です。まぶたはノーメイクですので、内出血の赤色が目立ちます。

術後8日目です。
このように、アイメイクでかなりカモフラージュできます。まだ少し縫合部分が食い込んでいますが、今後徐々に平坦化して自然になってきます。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る