二重まぶた・埋没法二重まぶた・切開法二重まぶた・上瞼脱脂・眼瞼下垂・目頭切開・まぶたの窪み・アイリフト

二重まぶた埋没法6点固定の症例1|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>二重まぶた埋没法6点固定の症例1

イメージ

二重まぶた埋没法6点固定の症例1

腫れない二重まぶた術モニター画像

今回もモニター画像を供覧します。
今回は二重まぶた埋没法のモニターです。

二恵まぶた手術にとって最も大切なのは、安全で、正確で、出来栄えの良いことです。
切らない二重まぶた手術(埋没法)の場合は、切開する二重まぶた手術(切開法)と比べて、手軽な半面、手術後に二重まぶたのクセが取れてしまう場合があるというのが欠点ですが、やはりクセが取れにくいに越したことはありません。
また手術を受ける患者様は、限られた時間の中で手術をお受けになるのですから、ダウンタイムが短いこと、つまり手術後の腫れが少ないことも重要です。

したがって、二重まぶた埋没法にとって大切なことをまとめると、安全で、正確で、出来栄えが良く、クセが取れにくく、手術後の腫れが少ない手術であるということです。
このすべての要素を実現できるのが、この度ご紹介する埋没パーマネント法です。

特徴として、片側のまぶたに付き、4から6ヶ所づつ二重まぶたの固定(糸の玉結び)を行います。(通常の埋没法は、1から2ヵ所の固定が一般的です。)
二重まぶた埋没法の持続力は、二重まぶたの固定(糸の玉結び)の数に依存する部分が多いですから、通常の1点や2点固定に比べて、4点固定や6点固定の方が、二重まぶたのラインも安定し、クセが緩みにくいのは言うまでもありません。

しかし、皮膚の薄い上まぶたで、何点もの糸の結び目ができたら目がゴロゴロしたり、目を閉じたときに結び目が目立ってしまう可能性が生じます。
この問題点を解決するために様々な糸を取り寄せて吟味し、度重なる改良を加えました。そして通常の埋没法の糸の太さの半分以下の太さで、それでいて切れにくく、糸の結び目が大変緩みにくいオリジナル糸を特注でオーダーし、使用しています。
ですから普通の2倍、3倍の固定を行っても、結び目が目立つことも、ゴロゴロすることもありません。

まぶたの裏側では挙筋という部分に糸を通しており、手術直後から糸がまぶたの内部に埋もれるので、糸が眼球に触れて傷つくような恐れもありません。

最高の糸と安全な手術の方法が確立されれば、あとは腫れが少なく、正確で出来栄えが良い手術結果になるように、丁寧に正確な手術を行うだけです。

それでは症例写真。埋没パーマネント6点固定法です。

まずは手術前。両目とも二重まぶたですが、幅に左右差があります。広い幅に揃えるように、左側だけ手術を行うことになりました。

手術のデザイン。ブジーという針金のような器具を使用して、手術後のシミュレーションをします。

手術中です。髪の毛よりも細い糸で二重まぶたの固定をしたところです。糸が見えますか?

手術中でまぶたを閉じたところ。糸は合計で6ヶ所結んでいます。この糸を結び目のギリギリのところでカットして手術終了です。

手術直後です。腫れが極めて少ないので、ほぼシミュレーション通りの結果です。これなら銀座の街を普通に歩いて帰れます。

手術直後でまぶたを閉じたところです。針穴が小さいので傷跡が目立つ心配がありません。赤みや軽度の食い込みは、自然に消失します。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る