隆鼻術、小鼻縮小、鼻尖形成、鼻尖縮小、鼻中隔延長、鼻柱、鼻翼、鼻骨削り、ワシ鼻、などモニター症例画像

隆鼻術と鼻中隔延長術の症例5|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>隆鼻術と鼻中隔延長術の症例5

イメージ

隆鼻術と鼻中隔延長術の症例5

オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術

引き続き、モニター症例を供覧します。
実は切らない眼瞼下垂修正術2でご紹介した、埋没タッキング法+目頭切開術の患者様なのですが、お鼻の手術も同時に行っています。
手術内容は、オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻中隔延長術です。

オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術は当院オリジナルの手術法で、患者様一人一人に挿入するシリコンプロイテーゼを、シリコンブロックから完全にオーダーメイドで私が一つ一つ削り出して作成しています。
ですから、挿入したプロテーゼはピッタリフィットで、ぐらついたり浮き上がって見えたりする心配がなく、仕上がりが自然です。
プロテーゼの挿入術だけの場合は、すべて鼻の穴の内部の切開から行います。ただこの患者様の場合は、鼻中隔延長術という、軟骨を用いた、鼻の内部の手の込んだ手術を同時に行っているので、両側の鼻の穴の内部と、鼻の穴の間の部分(鼻柱)を連結して皮膚切開する方法(オープン法)で手術を行っています。

鼻中隔延長術は、鼻先を細くすっきりさせるのと同時に、鼻先の位置を高くしたり、鼻先を下に下げたりする手術法です。そのために、鼻の奥のほうにある鼻中隔軟骨という部分に、耳介軟骨や鼻中隔軟骨、肋軟骨などを縫いつけて伸ばす手術を行います。文章で説明されても意味が分かりにくいと思いますので、画像をみてその効果を見てください。鼻先の位置や高さが改善されているのがお分かりいただけると思います。

手術前後の比較写真です。手術前と手術2ヶ月後です。

まずは正面。

次は斜め方向から。

側面です。

最後は下から。青点線がオープン法の切開線です。はじめは傷跡がわずかに赤くなりますが、写真のように術後2カ月目では赤みも少なくなり、ほとんど目立ちません。あと1カ月も経つと赤みも消えて、傷痕も分からなくなります。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る