脂肪吸引・痩身(腹部・ウエスト・太腿・膝・二の腕・脹脛・腰・お尻・足首・頬・背中など)モニター症例画像

脂肪吸引の症例3|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>モニター画像集>>脂肪吸引の症例3

イメージ

脂肪吸引の症例3

ひざ、ふくらはぎ、足首の脂肪吸引 モニター画像

ひざ、ふくらはぎ、足首の脂肪吸引のモニター画像を供覧します。
前回供覧したモニターの、その後の経過です。

ふくらはぎや足首の脂肪吸引の場合、太ももやお腹と違い、もともとそれほど皮下脂肪が多くない部分なので、皮膚の下をギリギリまで滑らかに脂肪吸引しないと、細くならなかったり、細くなっても凸凹ができたりするリスクが高くなります。このためよほど脂肪が多くない限り、手術お断りのドクターも少なくありません。
ギリギリまで細く、滑らかに仕上げるのが当院の脂肪吸引ですので、他院で断られた方でも大丈夫。安心してご相談ください。

さて、モニター画像の供覧です。

まずは手術前の状態。どちらかというと筋肉質で、皮下脂肪がそれほど多いタイプではありません。しかし患者様のご希望を叶えるため、ギリギリまで吸引する方針としました。

こちらは手術の最中の画像です。細い金属性の吸引管が写っています。長さは約30cmほどです。

こちらは先端付近の拡大画像です。吸引管の先端は丸みがあり、横穴が3つ開いています。吸引管を差し込んで崩した脂肪細胞を、横穴から吸引する仕組みです。
直径は2mmです。2mmの太さで30cmの長さの吸引管というと、丁度ゆでる前のパスタ(スパゲティ)くらいのサイズの、細長いストローのような感じです。

こちらは吸引管を皮下脂肪内部に差し込んで脂肪を吸引しているところです。差し込み口に取り付けてある白いプラスチックのようなものは、スキンプロテクターです。
皮膚の切開部分(傷口)から直接吸引管を出し入れすると、傷口が裂けたり、傷口が吸引管で擦れて汚い傷跡になったりする可能性があるので、そうならないために鞘(さや)のような器具(スキンプロテクター)を皮膚切開部分に取り付けて傷口を保護して、吸引管を差し込みます。

こちらは吸引内容物です。
上澄みの黄色~オレンジ色のものが脂肪で、その下の赤い液体は血液を含んだ麻酔液です。
このたびの手術では、約250mlの脂肪と約250mlの麻酔液、合計して約500mlを吸引した、ということがわかります。

手術後は傷口にガーゼなどを当てた上にご覧のようなサポートストッキングをはいて、患部を圧迫します。ガーゼ類は2日後にすべて外して、その後は素足にサポートストッキングをはくようになります。

手術後初めの2日間に限り、ストッキングの上にスポンジを巻いて、その上に包帯を巻いて圧迫します。
大げさに見えますが、脂肪吸引は手術後にキッチリと患部を圧迫することが重要です。

手術後の経過を供覧します。

手術前。

手術1週間後です。
ふくらはぎはすでに細くなり始めています。足首の浮腫みは長引くので、手術前よりも太いくらいです。
ひざは変化がはっきりしません。

手術2週間後です。
ふくらはぎと足首は、1週間後と比べると若干ですが細くなっています。

ひざも細くなってきました。

手術1ヶ月後です。
ひざ・ふくらはぎはさらに細くなりました。足首も細くなり、アキレス腱が浮き出てきました。
今後、3カ月目くらいまで変化があります。

手術前と手術1ヶ月後を並べて比較します。随分細くなりましたね。


ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る