二重まぶた・目頭・目尻・下瞼開大(たれ目)・涙袋(涙堂)・眼瞼下垂・目の下のクマ・タルミ

涙袋形成・下瞼の膨らみ形成|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>目の美容外科>>涙袋形成術(涙堂形成術)

イメージ

涙袋形成術・下まぶたの膨らみ形成術・涙堂形成術

笑った時に下まぶたがぷくっと膨れるのを涙袋(涙堂)と言います。涙袋(涙堂)は、キュートな笑顔のチャームポイントです。タレントのような目にしたい人や、好感度アップを希望する人には、涙袋形成術(涙堂形成術)が効果的です。

涙袋形成術(涙堂形成術)

涙袋形成術(涙堂形成術)はヒアルロン酸や脂肪を注入する治療です。
手軽なのはヒアルロン酸注入ですが、数ヶ月~1年で吸収されるので、必要に応じて注入を繰り返し状態を維持します。
対して脂肪注入はお腹などから注射器で吸引し、これを注入します。脂肪は40~50%が永久に定着します。

涙袋(涙堂) ヒアルロン酸
涙袋(涙堂)    ヒアルロン酸

症例写真

涙袋形成術(涙堂形成術)症例1

目の下にクマの膨らみがある人の場合、クマをそのままにして涙袋形成術(涙堂形成術)を行うと、涙袋(涙堂)とクマの膨らみがつながってクマが大きくなったような印象になる可能性があります。

このため、まず下瞼脱脂術(経結膜脱脂術)などで目の下のクマをなくす治療を行い、続いて涙袋形成術(涙堂形成術)を行うほうが良いでしょう。

また、もともと涙袋(涙堂)があったが目の下にクマの膨らみが出てきたために涙袋(涙堂)が隠れて目立たなくなった方の場合は、涙袋形成術(涙堂形成術)ではなく、下瞼脱脂術(経結膜脱脂術)や下瞼頬脂肪注入術などにより目の下のクマをなくす治療を行うだけで、涙袋(涙堂)がよみがえる可能性があります。

下瞼脱脂(経結膜脱脂)下瞼頬脂肪注入などで、涙袋(涙堂)が蘇った症例

●症例写真1

涙袋形成術(涙堂形成術)症例2

●症例写真2

涙袋形成術(涙堂形成術)症例2

●症例写真3

涙袋形成術(涙堂形成術)症例2

●症例写真4

涙袋形成術(涙堂形成術)症例2

●症例写真5

涙袋形成術(涙堂形成術)症例2
ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る