当院が選ばれる理由|目元・目の下のクマやタルミ|銀座みゆき通り美容外科大阪院

目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 目元・目の下のクマやタルミの銀座みゆき通り美容外科大阪院 メール相談 カウンセリング予約

>>目元・目の下のクマやタルミ>>当院が選ばれる理由

専門クリニックとして当院が選ばれる理由

目元・目の下のクマやタルミの治療専門クリニックとして多くの方にご指示いただいている理由について、当院にしかできない、豊富なデータとこだわりの手法などご案内いたします。

1、切らずに効果が永続するくま・タルミ治療
症状の程度に関係なく、目の下のくま・タルミを完治させることをお約束します。
2、内出血のリスクを最小限に
オリジナルカニューレの開発で注入時の内出血のリスクを最小限に。
3、脂肪の定着率ほぼ100%の最新技術
従来の脂肪注入では注入後に70%以上が吸収されてしまいます。
4、詳細な情報開示
患者様の知りたいことを全て開示しています。
5、ドクターの技術力・ノウハウが仕上がりの鍵
豊富な手術実績と技術が高いから採用できる新技術
6、豊富な症例数から得られるデータで安定した成績
国内における圧倒的な症例数誇る手術実績

1.切らずに効果が永続するくま・タルミ治療

目の下のクマやタルミは「経結膜脱脂法」や「目の下のタルミ切除」で改善?

ここ数年の間に、「経結膜脱脂法」(詳しくはこちら)で目の下のクマや膨らみを改善するクリニックが多くなりましたが、目の下のタルミについては依然として下まつ毛の生え際に沿って切開し、たるんだ下まぶたの皮膚を切り取る方法で行われております。

では、目の下のクマやタルミは、皮膚を切らない「経結膜脱脂法」や「目の下のタルミ切除」だけでも改善するのでしょうか?

軽減するケースもありますが、多くの場合これらの方法だけでは実際のところ完全に消えることは有りません。

目の下のクマやタルミの原因は「溝」と「光の陰影」

その原因は、目の下が膨らんでいるためだけではなく、頬上の膨らみが足りないために「目の下と頬の境目が凹んで溝になっていること」と、「光の当たり方によって生じる影による陰影」です。
そのため、これらの原因は目の下の膨らみを脱脂法で改善したり、目の下のたるんだ皮膚を切除したりしても完全に解消することができないのです。

目の下のクマやタルミは、目の下が膨らんでいることだけがその原因ではなく、頬上の膨らみが足りないために目の下と頬の境目が凹んで溝になっていることを見落としてはいけないのです。

目の下のくま、たるみの症状が目立つ人ほど、目の下と頬の境目の溝が深い傾向がありますので、凹んだ頬上を膨らまして目の下と頬の境目の溝を埋めなければ、目の下のくま、たるみが消えることはありません。

「光の当たり方によって生じる影による陰影」の原因については、加齢などの原因で眼窩脂肪が突出し、目の下に膨らみが生じた目の下のクマの症状の場合、眼窩脂肪を適量除去することで、目の下は平坦になり、一見、改善されたように見えますが、目の下全体的に見た場合、頬の高さと比べると凹んだ状態になる事が有ります。
この場合、頬の高さと目の下の周辺との高低差が多ければ多いほど、目の下に光が直接あたらなくなり、目の下の広い範囲が全体的に「影=クマ」の印象が強くなってしまいます。

症状の程度に関係なく目の下のくま・たるみを完治。

当院では、前述した、目の下のクマやタルミの原因を的確に判断し、必要な場合「経結膜脱脂法」だけでなく、目の下への「脂肪注入」を積極的に行い、『溝を埋め』、尚且つ『立体的に』症状を改善します。

これにより、クマが改善したことによる若返り効果だけでなく、頬の上のボリュームが増すことで、頬のリフトアップ効果も得られ、より若返った印象を取り戻すことができます。

ご自身の脂肪ですのでアレルギーなどの心配もない安全な方法です。

また、注入した脂肪は消えることはありませんので、効果が持続します。

専門クリニックだからできる、他では真似の出来ない手術法

当院でのモニター症例をご覧頂くと、脂肪注入まで行うことで、非常にきれいな仕上がりを実現していることがお分かりいただけると思います。

これほどすばらしい治療方法なのですが、他のクリニックでは、なぜほとんど行われていないのでしょうか?

それは、前述したように、目の下のクマを根本的に改善するためには、その原因となる眼窩溝を埋めなければならないのですが、この部分が目の下の「非常に薄い皮膚と頬の厚い皮膚の境目」という特殊な構造となっているために、脂肪注入の難易度が極めて高いためです。

凹凸を作らないように滑らかで自然に仕上げる為には豊富な経験と確かな技術とノウハウが必要で、これらが伴わない医師が無理に行った場合、僅かな脂肪注入のばらつきが凹凸になるなど失敗することがあり、敬遠されているのです。

当院では他では実現することが困難なこの手法を圧倒的な症例数によって得たノウハウと技術の向上により、皮膚を切らずに目の下のクマやタルミ解消し、ハイクオリティーな仕上がりを実現しております。

当院の目の下のくま・たるみ解消手術について、詳しくはこちら

2.内出血のリスクを最小限に

先端が丸いオリジナルカニューレを開発

皮膚の内側には細い血管が無数に存在しますので、これらの血管を100%傷付けずに注射針を皮下へ注射針を刺入することは困難ですので、どのような注射を行なっても内出血する可能性があります。

脂肪に限らず各種注入治療を行なう場合は、注入する範囲が広くなればそれだけ内出血の可能性も高くなり、一般的な注射針では高い確率で内出血を起こします。

しかし、これは、注射針の先端が「鋭利」であるからで、先端が丸い注射針があれば、細い血管も傷付けることなく皮下へ刺入することができ、術後の内出血のリスクを低くし、ダウンタイムを軽減することに繋がります。

当院では術後の内出血のリスクを最小限にとどめるために専用に開発された先端の丸い「オリジナルカニューレ」を使用します。

当院では現在、脱脂ダブルリポ法を含めて、全ての脂肪注入にオリジナルカニューレを使用しておりますので、内出血のリスクは最小限度になりました。

3.脂肪の定着率はほぼ100%の最新技術

マイクロCRFで目の下のくま・たるみ治療が出来るのは当院だけ

従来の脂肪注入法では、注入後に70%以上の脂肪が吸収されてしまいます。
元気な脂肪細胞や脂肪幹細胞以外の不純物が十分には分離できすに混ざったままで注入されていたからです。

注入後に吸収され減量するロスを補うために、脱脂ダブルリポ法では血液から抽出したW-PRP(濃縮血小板)を脂肪に添加することにより、50%程度が定着するようになりました。
しかし、半分吸収するのを見越して、適量の約2倍という過量の脂肪注入を行うことが手術後の腫れの原因になっていました。

当院だけができる新技術

当院が新たに導入した脂肪調整法では、これまで完全には分離できなかった不純物を、特殊なウェイトフィルターで確実に分離し、健全な脂肪細胞と脂肪幹細胞だけを濃縮します。(コンデンス処理)

コンデンスリッチファット(CRF)を目元など顔に注入する場合、より正確に細いカニューレで注入できるように、専用の装置でさらに粒子を細かく滑らかなクリーム状に調整し(マイクロ処理)、さらに濃縮することで注入後にほとんど吸収減量されることがなく、注入量そのままの状態で効果が持続できるようになりました。
このマイクロCRFを使用した目の下のくま・たるみ治療が脱脂コンデンスリポ法です。

脱脂コンデンスリポ法の詳細へ

4.詳細な情報開示

写真

単なる脱脂法とは違う、目の下のくま、目のくま治療の専門クリニックだからできる手術法

当院では、治療モニターさんのご協力を得て、手術直後から3日後などの腫れがある状態や、1週間後や2週間後、1ヵ月後の状態など、手術をご検討されている方に実際の術後の様子を詳しく知っていただいています。
またモニターさんの直筆体験談やブログを公開しておりますので治療体験者の術後の状況や感想をご覧いただくこともできます。
より詳細に知ってもらうことで、患者様の術後の生活の準備や心の準備ができ、より良い状態で治療に臨むことができます。

本当の仕上がりは3ヶ月後

当院の症例写真は、術後3ヵ月後までの経過を詳細に表示しています。
それは治療の直後が仕上がりではなく術後3ヵ月経った状態が本当の仕上がりだからです。
治療直後は腫れも少なく綺麗な仕上がりに見えても、多くの場合、翌日から腫れが出始め3日〜4日がピークでその後徐々に落ち着きます。
また、注入した脂肪が吸収されてしまい腫れが落ち着くと同時に凹みが出てしまうケースもあります。
当院では本当の仕上がりをご覧いただくため術後3ヵ月後まので写真を表示しております。


他院での治療に満足できずにご相談される方でも治療できます

当院のような技術力の高いクリニックは数少なく、他院で治療されて満足できずに当院にご相談される方も少なくありません。
そのような方でも治療することは可能ですので、まずはご相談いただければと思います。

症例写真一覧へ

5.ドクターの技術力・ノウハウが仕上がりの鍵

高度な技術と経験が必要。技術力・デザイン力・注入技術のノウハウによる仕上がりの違い

目の下のクマ・タルミの手術の中でも、脂肪注入術は他の注入術と比較して、かなり高度な技術を要求されます。さらに、個人個人の症状や目の下の形状などは一人として同じ人はいないため、手術デザインや注入のさじ加減も異なります。そのため、最善の結果を出すためには医師の経験が必要不可欠となります。

当院の専門医はこれまでに5000例を超える以上の目の下のクマ・タルミの手術経験し、他院で行われた手術の修正も含めて様々なケースの目の下のクマ・タルミの手術を経験し、それらに対する技術やノウハウをマスターしています。

非常にすばらしい結果を得ることが出来る当院の脂肪注入法(脱脂リポ法・脱脂ダブルリポ法・コンデンスリポ法)ですが、この術式は脂肪を注入する箇所が、目の下の皮膚の薄い所と頬の厚い所の境目に出来た凹み部分(眼頬溝)であることが多いため、深さを変え、微調節を繰り返しながら注入しなければ凸凹になることがあるので非常に難しく、他のクリニックでは残念ながら採用できないというのが実情です。

当院の専門医は豊富な経験に基づいた技術力・デザイン力・注入技術のノウハウがあるので、どのような目の下のくま・たるみのご相談でも対応できます。

当院ドクターのプロフィールはこちら

6.豊富な症例数から得られるデータで安定した成績

目の下のクマやタルミ治療として国内において圧倒的な症例数を誇ります。
そして、この蓄積された豊富な治療データは、安定した治療成績を実現する礎ともなっています。
当院の切らない目の下のクマ・タルミ治療はこれまでに培った豊富な症例データに基づいて行われるこだわりの究極の治療方法です。
お受け頂いた患者様からそのご家族や友人をご紹介いただくことも多く、年々口コミや紹介の割合が増えてきております。


ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約・画像診断のお申込み

ご相談・無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。
専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。お気軽にご連絡・ご利用下さい。
※ご予約については、数日から1週間程度の余裕をもってお申込下さい。お急ぎの方はお電話でご連絡下さい。

メールでのご相談・画像診断には、私たちがお答えいたします
スペース 連絡先
メール相談について カウンセリング予約について
Copyright (C) 目の下のクマ・タルミの専門院|銀座みゆき通り美容外科. All Rights Reserved.