隆鼻術・鼻尖形成・鼻尖縮小・鼻柱隔延長・鼻柱基部・鼻翼基部・鼻骨削り・ワシ鼻修正・小鼻縮小・鼻翼縮小

隆鼻術(鼻を高く・鼻筋を通す・整える)|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>鼻の美容外科>>隆鼻術

イメージ

隆鼻術

鼻筋を整えたり鼻を高くする隆鼻術には、ヒアルロン酸の注入でプチ整形として一時的に行う方法(非吸収性の注入剤で永続的に行う方法もありますが、当院では隆鼻術に使用しておりません)や医療用シリコンプロテーゼを用いる方法、耳などの軟骨を移植する方法などがあります。

プチ隆鼻術;ヒアルロン酸・SUB-Q注入法

ヒアルロン酸 レスチレンSUB-Q
ヒアルロン酸  レスチレンSUB-Q

ヒアルロン酸を注射して鼻すじを通すプチ整形(プチ隆鼻術)です。施術中に鏡で見て打ち合わせしながら、ご希望通りの隆鼻術が可能です。

通常のヒアルロン酸の場合、プチ隆鼻術の施術後、半年~1年で吸収されて元に戻ります。また腫れの心配もないので、忙しくて隆鼻術まではちょっと…という人や、プチ隆鼻術で高くなった鼻を見てからプロテーゼによる隆鼻術をするかどうか決めたいという人は、まずヒアルロン酸注入によるプチ隆鼻術をお試しください。

SUB-Q(サブキュー、レスチレンSUB-Q)は通常より粒子の大きなヒアルロン酸で、成分は同じですが吸収されにくく、通常のヒアルロン酸の約2倍の期間効果が持続します。ヒアルロン酸によるプチ隆鼻術をしたいが、その後に当面プロテーゼによる隆鼻術の予定がない場合は、効果の持続が長いSUB-Q(サブキュー、レスチレンSUB-Q)でのプチ隆鼻術がおすすめです。


オーダーメイドプロテーゼ法(隆鼻術)

隆鼻術(オーダーメイドプロテーゼ法)は、シリコンプロテーゼ(人工の軟骨)で鼻すじや鼻先の高さを補う手術です。

当院では多くのクリニックで使用されている既製の隆鼻術プロテーゼは使用しません。術前その方一人ひとりの鼻骨のや鼻先などの形状を計測して隆鼻術プロテーゼをデザインし、医療用シリコンブロックからあなただけの隆鼻術プロテーゼ(オーダーメイドプロテーゼ)を削り出します。

挿入する隆鼻術プロテーゼには、鼻すじ~鼻先~鼻柱まで挿入するL型、鼻すじだけに挿入するI型(ボート型)などがあり、患者様のご希望とお鼻の状態によって選びます。

通常のL型シリコンプロテーゼの場合、L型の角が鼻先の皮下に硬く触れたり、いわゆる豚鼻をしようと試みても、シリコンプロテーゼがつかえて難しい場合が多いのですが、当院のL型シリコンプロテーゼの場合、鼻すじ部分は通常の硬さのシリコンで、鼻先部分からソフトなシリコンに切り替わるコンビネーションタイプですので、術後の感触も自然なのが特長です。

隆鼻術は鼻の穴の中から行います。隆鼻術プロテーゼは鼻骨の骨膜下に確実に挿入し、オーダーメイドゆえに患者様の鼻骨や鼻軟骨のカーブにぴったりと、ちょうどジグゾーパズルのようにピッタリとはまり込むので、手術後にシリコンプロテーゼがずれたり、動いたり、浮いて見えたりする心配は全くありません。また、隆鼻術プロテーゼの正確なデザインが可能ですので、鼻先の皮膚に負担がかかって皮膚が薄くなるようなトラブルは起こりません。

オーダーメイドプロテーゼは骨格にぴったりフィットするので術後の固定なしでも大丈夫ですが、患部安静や腫れの予防目的で専用の肌色テープを3~4日貼っていただくと安心です。

※術後トラブルでお悩みの方へ

不適切な手術の場合、隆鼻術プロテーゼが曲がって挿入されたり、浮き上がって目立ったり、鼻をつまむと動いたり、鼻先の皮膚が赤や白に変色したり、皮膚が薄くなってきたり、など術後のトラブルが発生することがあります。

隆鼻術 症例写真

症例1(オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術)

隆鼻術症例1
隆鼻術症例1-2

症例2(オーダーメイドプロテーゼ隆鼻術+鼻尖縮小術)

隆鼻術症例2
隆鼻術症例2-2

耳介軟骨法(隆鼻術)

隆鼻術(耳介軟骨法)は、自分の耳(耳介:じかい)の軟骨をI型(ボート型)プロテーゼのように形成し、鼻すじに挿入する隆鼻術です。

隆鼻術(耳介軟骨法)は異物を使用しない安心感がメリットですが、耳が変形しない範囲で耳介軟骨を採取するので、利用できる軟骨の量に限度があり、あまり高くすることはできません。

鼻柱基部プロテーゼ挿入術

鼻柱基部プロテーゼ挿入術は、鼻の手術というよりも口元を引きしまった印象に変えるための手術です。

鼻柱の付け根と口元のラインの角度を鼻唇角(びしんかく)といい、90度以下だと上唇がアヒルのように突出して見えます。この手術では、鼻の穴の中から鼻中隔下制筋を切離し、鼻柱基部(びちゅうきぶ)に特殊なプロテーゼを挿入して鼻唇角を広げ上唇の突出を目立たなくします。術後は鼻下を2~2日間テープで固定します。

必要に応じて隆鼻術やあご先を出す治療(あご整容術)と同時に行うことで、口元が引きしまった印象に変わります。

ガミースマイル(笑顔で歯茎が露出する状態)を改善する効果もあります。
なお、口元が大幅に突出している場合は、この手術ではなく口元を引っ込める骨切り手術(セットバッグ)が必要です。

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る