隆鼻術・鼻尖形成・鼻尖縮小・鼻柱隔延長・鼻柱基部・鼻翼基部・鼻骨削り・ワシ鼻修正・小鼻縮小・鼻翼縮小

鼻骨削り・ワシ鼻修正術|美容外科・美容整形[大阪]

メール相談 診察・カウンセリング予約

美容外科・美容整形|銀座みゆき通り美容外科[大阪]>>鼻の美容外科>>鼻骨削り・ワシ鼻修正術

イメージ

鼻骨削り・ワシ鼻修正術

鼻すじの中ほど部分が突出して目立つ鼻をワシ鼻(鷲鼻)と言います。これを削り落として真っ直ぐにするのがワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)です。突出部分はハンプと言うので、別名ハンプ削りと言います。

ワシ鼻の患者様は鼻が高い場合が多く、ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)によってちょうど良い鼻すじの高さになる場合がほとんどです。しかしワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)を希望して来院した患者様に対して安易にプロテーゼ隆鼻術を行い、日本人には似合わない高すぎの鼻(ギリシャ彫刻のような鼻根部から高い鼻)が作り出されている場合があるので注意が必要です。

また、ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)を行うと言って、ハンプをゴリゴリとヤスリで擦るだけの手術が行われている場合も少なくありません。しかし、たいていこの方法ではワシ鼻は改善しません。

ワシ鼻の出っ張り部分であるハンプは、上半分が骨で下半分は軟骨です。骨はある程度ヤスリで削ることができますが、軟骨は硬めのゴムのような組織のためにヤスリで擦ってもほとんど削ることが出来ません。ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)の手術は鼻の穴の入口付近を切開してアプローチしますので、切開部分からヤスリを挿入すると、骨の手前に軟骨があるために、骨をヤスリで削ろうとしても軟骨を擦りつけているだけで一向に削れないのです。

軟骨はメスやハサミのような鋭利な刃物でしか削ることが出来ません。このため当院のワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)では、まずハンプの軟骨部分をメスで適量カットし、次いで鼻骨を専用のノミで削り取ります。

手術方法

  1. 静脈麻酔で眠っている間に手術します。鼻の穴の中を切開してハンプ部分(鼻軟骨と鼻骨)をメスやノミで削り取ります。
  2. ハンプが小さければこれで終了して切開部を縫合します。術後は鼻すじをテープまたはプラスチックギプスで固定します。
  3. ハンプが大きい場合はハンプを削ったことで鼻すじが太く扁平になってしまうことがあるので、引き続き鼻すじを細く整える鼻骨幅寄せ骨切り術を行い、術後は鼻すじをプラスチックギプスで固定します。
ハンプ 矢印
ハンプを削って整える
ハンプ2
ハンプ2 矢印 ハンプ2 矢印 ハンプ2
ハンプを削る   まずワシ鼻のハンプの鼻軟骨や鼻骨をメスやノミでカットし、その後にヤスリで角を削って整える
矢印 ハンプ2
  骨切りして、鼻骨の幅寄せをする

症例写真;ワシ鼻修正術(ワシ鼻削り)

ワシ鼻修正術症例1 矢印 ワシ鼻修正術症例1
ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約

ご相談や無料カウンセリング・診療のご予約のご連絡は、お電話以外にも、それぞれの専用メールフォームをご用意しております。

専用メールフォームは24時間受付で、24時間以内に返信のメールをお送りさせていただいております。
お気軽にご連絡・ご利用下さい。もちろん全て無料で対応しております。

■メールでのご相談には、私たちがお答えいたします
メールからのご相談
ご予約の方法

連絡先

Copyright (C) 2013 銀座みゆき通り美容外科  All Rights Reserved.
※このサイトに掲載されている内容(データ)は銀座みゆき通り美容外科が有するものであり、無断転載及び、無断使用は一切禁止いたします。

ページのトップへ戻る